bizcoach_school of WANT2COACHING

New!完全パーソナルコースお申し込み随時受付中!
先が全く見えない時代の中、企業において社員の能力を最大限に引き出すコーチング導入は不可欠な状況となっており高い関心を集めております。このようにビジネス現場におけるコーチの役割は想像以上に高まっているため、そのニーズに応えるため、コーチングプロジェクトをリードするビジネスコーチを育成する講座を開設しました。元外資系コンサルタントの青山龍が実際のコーチング導入プロジェクトにおいて必要となる経営課題の把握・整理、コーチング導入のプロジェクトフレームワークの考え方、提案アプローチ、実際のプロジェクトで必要となる役割・スキルを短期間で伝授します。

※講座修了後は、WANT2COACHINGの提携ビジネスコーチとして活動出来ます。



【ビジネスコーチ養成講座の特徴】

企業における経営課題の把握・整理、コーチング導入プロジェクトのフレームワークの構築、コーチング導入のための提案のアプローチ、実際のコーチング導入プロジェクトにおけるビジネスコーチの役割等を短期間で学ぶことが出来ます。TPIEを受講が条件となっております。また、TICEコーチ、苫米地式認定コーチの資格取得が前提となっております。上記の認定を取得していない方は一定期間内に受講、認定取得することが条件となります。

◎ビジネスの現場で即戦力のスキルが学べる(完全パーソナルコース)

経営課題の本質を理解するための論理的思考能力(ディベート基礎)、コーチング導入プロジェクトのフレームワークの検討、提案シナリオを構築するためのゲシュタルト能力等、ビジネスコーチとしての基礎スキルを個人のスキルレベルに応じて、完全個別講義で学ぶことが出来ます。企業内で即活躍出来るビジネスコーチを養成します。なお、コーチング理論についてはTPIE受講が条件となります。また、TICEコーチ、または苫米地式認定コーチの受講(認定取得)が条件となります。

◎苫米地式認定コーチがパーソナルコーチングを実施

ビジネスコーチとしてクライアント先で確実にパフォーマンスが出せるように、個々の参加者に苫米地式認定コーチ(青山龍、他)がパーソナルコーチングを実施し、参加者のスキル向上を徹底的にサポートします。

◎TPIE受講が条件

ビジネスコーチとして、TPIEのコーチング理論の確実な修得が求められます。参加者は世界最高峰のセルフコーチングプログラムTPIE受講を条件とします。受講されていない方はコース受講後3か月以内TPIEを受講することが条件となります。

※TPIE(Tice Principles in Exellence)・・・コーチングの創始者ルー・タイスが確立したコーチングのコンセプトは、40年以上にわたって数多くの科学者による検証、助言が重ねられ、常に進歩を続けてきました。その内容を苫米地英人博士が最新の機能脳科学ならびに認知心理学の理論を応用し、より洗練されたプログラムとして再構築した世界最高峰のせフルコーチングプログラムです。


【期間】 2か月間(随時)

【コース】
マンツーマンでスキルを身につけて頂く『完全パーソナルコース』のみ

【時間】 講義(2時間)×6回 + パーソナルコーチング(60分×3回)
【講師】 青山 龍
【定員】 毎月2名限定

【内容】論理的思考力(経営課題の把握)、プロジェクトフレームワーク、提案アプローチ、ビジネスコーチング導入プロジェクトにおける体制役割、ビジネスコーチングスキル、TPIE(受講前提)他

※上記講義とは別に、確実な成果を出すために苫米地式認定コーチによるパーソナルコーチングを実施します。

【受講料】(完全パーソナルコースのみとなりました)

①完全パーソナルコース (マンツーマンでスキルを伝授します)

通常価格 117万円税込
 ⇒ キャンペーン価格59万9,000円(税込)
⇒人数限定特別価格 45万8,000円(税込) ※定員に達したら終了します


※上記の金額にはTPIE受講料は含まれておりません。TPIE未受講の方は個別にお申込み頂きます。

<こんな人におススメです>
・ビジネスコーチとして幅広く活躍したい
・企業経営者に対してエグゼクティブコーチをしてみたい
・企業へのコーチング導入プロジェクトに参加したい
・企業向けコーチング導入の提案書を自分で作成できるようになりたい
・論理的な思考が出来るようになりたい
・企業を閉塞感から解放したい
・企業組織を活性化したい
・多くの企業へコーチング文化を浸透させたい
・ビジネスコーチングを通して社会に貢献したい
・企業の未来を切り開きたい
・ビジネスコーチングを通して多くの人を幸せにしたい
・21世紀型の魅力的なリーダーになりたい




MP900433151.JPG